第75回桜花賞 考察② 前哨戦分析

阪神ジュベナイルフィリーズ(GⅠ) 阪神 芝1600m 良
 12.5 - 11.0 - 11.5 - 12.2 - 12.0 - 11.4 - 11.5 - 12.3(35.0 - 24.2 - 35.2) 1.34.4
 2着 レッツゴードンキ ⑧⑨⑩
 3着 ココロノアイ ⑨⑨⑧
 4着 ムーンエクスプレス ④③④
 7着 レオパルディナ ⑫⑨⑧
 14着 クールホタルビ ⑥⑦⑮
 17着 トーセンラーク ⑯⑯⑯
 前後半の4ハロンが全く同じタイムの平均ペースとなった2歳女王決定戦は、勝馬(ショウナンアデラ)の瞬発力のみが目立った一戦となった。
 2、3、4着のレッツゴードンキ、ココロノアイ、ムーンエクスプレスは善戦したが、強いと思わせるものは無かった。


フェアリーステークス(GⅢ) 中山 芝1600m 良
 12.6 - 11.2 - 11.9 - 12.4 - 11.9 - 11.6 - 11.4 - 12.2(35.7 - 24.3 - 35.2) 1.35.2
 1着 ノットフォーマル ②①①①
 2着 ローデッド ⑭⑩②④
 3着 テンダリーヴォイス ⑥⑩⑪⑧
 5着 メイショウメイゲツ ⑪⑩⑪⑮
 7着 トーセンラーク ④④②④
 スローペースの一戦。逃げたノットフォーマルが勝ち、道中ポジションを押し上げたローデッドが粘り込んで2着。最終1ハロンのラップタイムをみれば、後続の不甲斐なさが分かる。1、2着馬は展開に恵まれた。


紅梅ステークス(オープン) 京都 芝1400m 良
 12.5 - 11.3 - 11.6 - 12.1 - 11.6 - 11.3 - 11.5(35.4 - 12.1 - 34.4) 1.21.9
 1着 コンテッサトゥーレ ⑩⑧⑦
 これもスローペースの一戦。コンテッサトゥーレは出遅れたもののすぐに馬群に取り付き、中団を追走。直線では追われて良く伸びた。長く続く良い末脚を持っている。


エルフィンステークス(オープン) 京都 芝1600m 良
 12.8 - 11.3 - 12.1 - 12.9 - 12.3 - 11.2 - 11.2 - 11.5(36.2 - 25.2 - 33.9) 1.35.3
 1着 クルミナル ⑦⑥⑤
 超絶なスローペースなのに馬群は縦長となった一戦。クルミナルが先行から押し切って楽勝したが、特に見処の無い一戦。


きさらぎ賞(GⅢ) 京都 芝1800m 良
 13.0 - 11.6 - 11.7 - 12.6 - 12.7 - 12.1 - 11.7 - 11.6 - 11.6(36.3 - 37.4 - 34.9) 1.48.6
 1着 ルージュバック ③③③
 このレースも超絶なスローペースとなった。ルージュバックが先行して押し切ったが、展開と出走頭数(8頭)の恩恵があったのは確か。


クイーンカップ(GⅢ) 東京 芝1600m 良
 12.4 - 11.2 - 11.5 - 11.8 - 12.0 - 11.4 - 11.5 - 12.2(35.1 - 23.8 - 35.1) 1.34.0
 1着 キャットコイン ⑨⑧⑦
 4着 アンドリエッテ ⑫⑩⑩
 5着 メイショウメイゲツ ⑥⑥⑦
 平均ペース。キャットコインは中団から渋太い脚を繰り出して、後続の追撃を振り切っての勝利。最後は脚が上がっていたが、何とか凌ぎきった。マイルまでなら堅実に走りそう。


チューリップ賞(GⅢ) 阪神 芝1600m 重
 12.5 - 11.2 - 12.2 - 12.6 - 12.9 - 12.2 - 11.5 - 12.6(35.9 - 25.5 - 36.3) 1.37.7
 1着 ココロノアイ ⑩⑧⑥
 2着 アンドリエッテ ⑫⑭⑮
 3着 レッツゴードンキ ④①①
 6着 コンテッサトゥーレ ④⑧⑥
 11着 クルミナル ⑦⑬⑩
 平均ペースの一戦。道中ペースが緩んだが、馬群は詰まらず、後方からの競馬をした馬には辛い展開だった。2着アンドリエッテに食指が動きそうになるが、最終のラップタイムを見れば、手放しでは評価できない。紅梅ステークスで良い末脚を見せたコンテッサトゥーレは流れ込んだだけの6着に終わった。この馬には重馬場でのマイル戦は厳しかったのだろう。


アネモネステークス(オープン) 中山 芝1600m 良
 12.6 - 11.6 - 12.1 - 12.5 - 12.5 - 12.0 - 11.6 - 11.7(36.3 - 25.0 - 35.3) 1.36.6
 1着 テンダリーヴォイス ③⑤⑤③
 2着 メイショウメイゲツ ⑤③③⑤
 スローペースの一戦。1着テンダリーヴォイス、2着メイショウメイゲツ共に先行しての好走。展開に恵まれており、特に強調すべき点は無い。


フィリーズレビュー(GⅡ) 阪神 芝1400m 良
 12.2 - 11.0 - 11.5 - 12.0 - 11.7 - 11.8 - 12.3(34.7 - 12.0 - 35.8) 1.22.5
 1着 クイーンズリング ⑬⑭⑬
 2着 ぺルフィカ ⑬⑫⑬
 3着 ムーンエクスプレス ②②②
 7着 レオパルディナ ⑤④⑤
 13着 クールホタルビ ②②②
 締まったペースで推移した平均ペースのレース。クイーンズリングが後方から直線で良く伸びて快勝。ラスト1ハロンのラップタイムを見れば大したことは無さそうだが、この馬自身も本気で追われていなかった。まだ奥がありそうで、要注目。


フラワーカップ(GⅢ) 中山 芝1800m 良
 12.6 - 11.6 - 12.3 - 12.9 - 12.3 - 12.3 - 12.0 - 11.4 - 12.0(36.5 - 37.5 - 35.4) 1.49.4
 2着 アースライズ ⑦⑦⑧⑧
 5着 ローデッド ⑯⑯⑮⑧
 12着 ノットフォーマル ⑤⑤⑤⑤
 中弛みのスローペースとなった一戦。勝ったのは逃げたアルビアーノ。アースライズは2着と頑張ったが、勝馬とは0.2秒差。完敗と言って良い。
スポンサーサイト
21 : 39 : 23 | 考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<第75回桜花賞 予想 | ホーム | 第75回桜花賞 考察① 前哨戦レイティング比較>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://chohsashitsu2.blog36.fc2.com/tb.php/435-91b3cf31
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |

プロフィール

高遠原孝政

Author:高遠原孝政
 ワイドは何気に美味しい馬券です。
 一気に大儲けできない反面、2着・3着でも的中になることを利用して、そこそこの配当を得ることが可能です。
 このブログでは、GⅠをワイドBOXで勝負し、ワイド馬券でも充分儲けられることを証明します。
 …………。
 いや、したいんだけどね……。

ワイド万馬券的中履歴

2017年レパードステークス(GⅢ)

2017年レパードステークス万馬券



2007年皐月賞(GⅠ)

2007年皐月賞万馬券

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

概観 (28)
考察 (108)
予想 (175)
結果 (95)
祝勝会 (12)
残念会 (14)
反省会 (33)
重賞回顧 (2)
納会 (5)
ご挨拶 (6)
未分類 (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター

読者分布


ジオターゲティング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード