第72回皐月賞 考察

朝日杯フューチュリティステークス(GⅠ)
12.2 - 11.0 - 11.3 - 11.4 - 11.9 - 12.0 - 11.7 - 11.9  1.33.4 良
2着 マイネルロブスト ⑥⑤⑧⑤
12着 スノードン ⑫⑪⑫⑫
ハイペースだったが、2着マイネルロブストはそれでも少し行きたがっていた。すぐに流れに乗り、内々で脚を溜めたが直線はじりじりとしか伸びず。すぐ前にいた勝馬アルフレードには離されてしまったが、粘る4着馬はしっかり捉えた。勝馬には完敗したが、前に行けるスピードとバテない強みは見せた。


ラジオNIKKEI杯2歳ステークス(GⅢ)
12.8 - 11.2 - 12.7 - 12.8 - 12.6 - 12.6 - 12.3 - 11.8 - 11.4 - 12.2  2.02.4 良
1着 アダムスピーク ③③③⑤
2着 ゴールドシップ ⑭⑮⑬⑤
3着 グランデッツァ ④④③②
4着 トリップ ⑦⑦⑤④
スローペースの一戦。注目は2着馬ゴールドシップ。出遅れて後方からの競馬になるもペースが上がった残り4ハロン地点からマクって前に進出、直線も渋太く伸びて3着馬をハナ差交わした。この馬以外の4角で外を回った馬が軒並み2桁着順に沈んでいるのも、ゴールドシップの実力を裏打ちする。勝馬アダムスピークは道中行きたがっていたが、直線では狭いスペースから抜け出して完勝。瞬発力のあるところを見せ付けた。3着グランデッツァは4着馬を振り切ったところで力尽きた感。休み明け初戦の影響か、若しくはこの馬にとって2000mは微妙に長いのかもしれない。4着トリップは力負けだろう。


京成杯(GⅢ)
12.4 - 10.8 - 11.9 - 12.3 - 13.0 - 12.7 - 12.3 - 11.8 - 11.7 - 11.7  2.00.6 良
2着 マイネルロブスト ⑫⑫⑪⑪
4着 アーデント ⑧⑥⑥⑥
5着 スノードン ⑭⑮⑮⑬
9着 ロジメジャー ⑤⑥⑤⑤
ミドルペース。残り4ハロンからペースアップし、ラスト3ハロンは総て11秒台で纏めている。ある程度の末脚の持続力が問われるレースとなった。2着マイネルロブストは勝馬ベストディールに半馬身及ばなかったが、バテない強みを存分に発揮した。


若駒ステークス
13.5 - 12.2 - 13.2 - 13.3 - 13.2 - 13.5 - 12.5 - 11.7 - 10.7 - 11.5  2.05.3 重
1着 ゼロス ①①①①
2着 ワールドエース ⑤⑤⑤⑤
1000m通過が1.05.4。前半1000mと後半1000mのタイム差が5秒5もある超絶スローペース。そんなスローペースで重馬場、僅か5頭の少頭数レースとなれば、当然前に行ったもの勝ち。このレースの結果は考慮に入れる必要は無いだろう。ただの調教。


きさらぎ賞(GⅢ)
13.1 - 11.5 - 11.9 - 12.5 - 12.7 - 11.6 - 11.3 - 11.3 - 11.1  1.47.0 良
1着 ワールドエース ⑩⑩⑧
3着 ベールドインパクト ⑤②②
7着 スノードン ⑨⑧⑧
スローペースだったが、勝馬ワールドエースにとって前走の若駒ステークス程の展開的不利という訳ではなかった。ラスト4ハロンが総て11秒台、しかもゴールに近付くにつれ、速くなっているラップタイムを見れば、この馬の末脚の破壊力が窺い知れる。


共同通信杯(GⅢ)
12.9 - 11.9 - 12.5 - 12.8 - 12.5 - 12.1 - 10.9 - 11.0 - 11.7  1.48.3 良
1着 ゴールドシップ ④③③④
2着 ディープブリランテ ①①①①
5着 コスモオオゾラ ②③③②
スローペース。ゴールドシップが実力通りに完勝。スタートで出遅れず、好位から流れに乗れたが、直線で少しモタついた感。急激にペースが上がった為か、元々エンジンのかかりが遅いのかは分からない。瞬発力は無いが、持続的な末脚が使えるのは確か。


弥生賞(GⅡ)
12.5 - 11.0 - 12.7 - 13.5 - 13.4 - 13.1 - 12.3 - 11.9 - 11.5 - 12.0  2.03.9 稍重
1着 コスモオオゾラ ⑥⑤⑤⑤
2着 トリップ ①③④③
3着 アーデント ⑥⑦⑧⑧
7着 メイショウカドマツ ①①①①
8着 アダムスピーク ⑤⑦⑤⑤
道中に13秒台のラップタイムが3つ出現するスローペース。上がりのタイムも大したことなく、レベルの低い一戦。


若葉ステークス
12.6 - 11.8 - 13.1 - 12.7 - 12.8 - 12.7 - 12.3 - 11.9 - 11.9 - 12.6  2.04.4 稍重
1着 ワールドエース ⑫⑫⑫⑫
2着 メイショウカドマツ ①①①①
ワールドエースがスローペースも稍重馬場もものともせず完勝。


スプリングステークス(GⅢ)
12.9 - 12.1 - 12.5 - 12.4 - 12.2 - 12.2 - 12.2 - 11.8 - 12.4  1.50.7 重
1着 グランデッツァ ⑥⑥④③
2着 ディープブリランテ ④④④③
3着 ロジメジャー ⑦⑦⑦⑥
4着 サトノギャラント ⑨⑨⑨⑨
6着 モンストール ⑩⑩⑨⑪
7着 マイネルロブスト ⑩⑪⑨⑨
10着 ゼロス ②③③②
一応スローペースに分類されるが、他の前哨戦に比べるとラップタイムの上下動が少ないミドルペースに近いレース。となれば、マイネルロブストのバテない強みが活かされそうであったが、重馬場で実力を発揮できずに終わった。グランデッツァとディープブリランテの1・2着馬は後続に3馬身以上の差を付けており、世代上位の実力を見せた。
スポンサーサイト
23 : 14 : 32 | 考察 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑
<<第72回皐月賞 予想 | ホーム | 第72回桜花賞 予想>>
コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://chohsashitsu2.blog36.fc2.com/tb.php/330-4b3e6ec8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
朝日杯フューチュリティステークス(G)12.2-11.0-11.3-11.4-11.9-12.0-11.7-11.91.33.4良2着マイネルロブスト12着スノードンハイペースだったが、2着マイネルロブストはそれでも少し行きたがっていた まとめwoネタ速suru【2012/04/15 15:25】
| ホーム |

プロフィール

高遠原孝政

Author:高遠原孝政
 ワイドは何気に美味しい馬券です。
 一気に大儲けできない反面、2着・3着でも的中になることを利用して、そこそこの配当を得ることが可能です。
 このブログでは、GⅠをワイドBOXで勝負し、ワイド馬券でも充分儲けられることを証明します。
 …………。
 いや、したいんだけどね……。

ワイド万馬券的中履歴

2017年レパードステークス(GⅢ)

2017年レパードステークス万馬券



2007年皐月賞(GⅠ)

2007年皐月賞万馬券

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

概観 (28)
考察 (108)
予想 (180)
結果 (99)
祝勝会 (12)
残念会 (14)
反省会 (33)
重賞回顧 (3)
納会 (5)
ご挨拶 (6)
未分類 (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター

読者分布


ジオターゲティング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード