スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑

第55回宝塚記念 予想

昨年覇者のゴールドシップは京都競馬場でのパフォーマンスの悪さと3馬身の出遅れを考慮すれば、前走惨敗という結果は気にしなくて良い筈。後は天皇賞(春)好走のウインバリアシオンとホッコーブレーヴを付け加えれば良いだろう。ジェンティルドンナは強さは認めるもののポカも多く、牝馬の帰国初戦を憂慮して切ることにした。

今回の勝負
1番 ホッコーブレーヴ
7番 ウインバリアシオン
11番 ゴールドシップ
  の3頭ワイドBOX 各2,000円
  計6,000円

スポンサーサイト
15 : 04 : 27 | 予想 | トラックバック(1) | コメント(0) | page top↑

第55回宝塚記念 考察

天皇賞(春)(GⅠ) 京都 芝3200m 良
12.8 - 12.0 - 12.1 - 12.4 - 12.4 - 12.1 - 11.3 - 12.5 - 12.9 - 12.9 - 12.9 - 12.3 - 11.7 - 12.0 - 11.1 - 11.7  3.15.1
2着 ウインバリアシオン ⑬⑭⑭⑧
3着 ホッコーブレーヴ ⑩⑨⑩⑩
6着 フェイムゲーム ⑬⑬⑪⑫
7着 ゴールドシップ ⑱⑱⑮⑭
15着 ヒットザターゲット ③③③③
1000m毎のラップタイムは61.7秒・61.7秒・60.0秒で、上下動の少ないペースとなった。2着ウインバリアシオンは後方からの競馬。2週目の3コーナー過ぎから仕掛けていき、直線では勝馬(フェノーメノ)のすぐ後ろにまで迫ったが、最後まで交わすことができなかった。とはいえ、長く脚を使っており強い競馬をしたのは間違いない。3着ホッコーブレーヴは中団からの競馬。馬群の中で動かず、4コーナーから仕掛けたが、直線半ばまではもたもたしていた。ラスト1ハロンから良く伸びて来たが、2着馬にハナ差まで迫ったところがゴールだった。上がり3ハロンのラップタイムはメンバー中最速の34.0秒。この馬も強い競馬を見せた。


ヴィクトリアマイル(GⅠ) 東京 芝1600m 良
12.4 - 10.7 - 11.6 - 11.5 - 11.8 - 11.4 - 11.2 - 11.7  1.32.3
1着 ヴィルシーナ ①①①
2着 メイショウマンボ ④⑦⑦
7着 デニムアンドルビー ⑮⑮⑮
スローペース。逃げたヴィルシーナがそのまま逃げ切り勝ちを収めた特に見所の無い一戦。


鳴尾記念(GⅢ) 阪神 芝2000m 良
12.4 - 10.9 - 12.4 - 12.9 - 12.0 - 11.9 - 11.6 - 11.6 - 11.5 - 11.9  1.59.1
4着 カレンミロティック ③④③③
8着 トーセンジョーダン ⑥⑦⑥⑦
超スローペース。4着カレンミロティック・8着トーセンジョーダン共に流れ込んだだけの見所の無いレース。
23 : 22 : 55 | 考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

第64回安田記念 予想

どうやら不良馬場での決戦となりそう。重馬場実績にも注意を払いながら予想したい。強い競馬を見せたグランデッツァ・カレンブラックヒル・ホエールキャプチャの3頭をまずピックアップ。世界ランク1位に敬意を表してジャスタウェイを加える。最後にマイル戦で好走を続けるエキストラエンドとフィエロを挙げておく。ジャスタウェイ以外は重馬場で実績を残しており、今回の馬場がマイナス要因になることはないだろう。

今回の勝負
1番 グランデッツァ
3番 カレンブラックヒル
5番 エキストラエンド
7番 ホエールキャプチャ
10番 ジャスタウェイ
13番 フィエロ
  の6頭ワイドBOX 各500円
  計7,500円
14 : 54 : 12 | 予想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

第64回安田記念 考察

京都金杯(GⅢ) 京都 芝1600m 良
12.4 - 11.0 - 11.3 - 11.9 - 11.5 - 11.3 - 11.4 - 11.7  1.32.5
1着 エキストラエンド ⑭⑬⑫
スローペースの一戦だが、2ハロン目以降はずっと11秒台のラップタイムが続くほぼ一貫したペースとなっている。隊列はスローペースらしく一団となり、4コーナーも一団のまま通過する展開となった。エキストラエンドは出遅れて後方からの競馬。内を通ってコースロス無く追走。直線もうまく前が開いて、スムーズに追い出せた。早めに抜け出して、快勝。向かない展開だったのは事実だが、強い競馬をしたとまでは言えない。


京都記念(GⅡ) 京都 芝2200m 稍重
13.3 - 11.8 - 13.2 - 12.9 - 12.5 - 12.9 - 13.0 - 12.2 - 11.5 - 11.0 - 11.7  2.16.0
2着 トーセンラー ⑦⑦⑤④
超絶なスローペース。トーセンラーは中団から勝負処で好位に進出。直線は外に進路を取り良い伸び脚を見せたが、残り100mで前にいた勝馬(デスペラード)と同じ脚色になってしまった。レース後、武豊騎手は敗因を馬場に求めていたが、展開の綾もあったと思われる。


東京新聞杯(GⅢ) 東京 芝1600m 重
12.4 - 10.7 - 11.1 - 11.9 - 12.0 - 11.3 - 11.5 - 12.3  1.33.2
1着 ホエールキャプチャ ⑨⑧⑩
2着 エキストラエンド ⑨⑩⑧
3着 クラレント ④④③
10着 ショウナンマイティ ⑭⑭⑭
13着 レッドスパーダ ①②②
ハイペースに近いミドルペース。1着ホエールキャプチャは中団から直線で外に出すと力強く抜け出して、そのまま押し切った。牡馬相手に57kgを背負ってのもので、文句無しに強い。(第9回ヴィクトリアマイル考察再掲) 2着エキストラエンドは勝馬と同じ様な位置にいたが、直線で外に出せた勝馬に対し、馬群を捌く必要があった。それでも狭いスペースを割って、横一線の2着争いをアタマ差制した。3着クラレントは好位から一旦は先頭に立ったが、内外から交わされてしまった。2着馬に必死に喰らい付いたが、僅かに届かず。


阪急杯(GⅢ) 阪神 芝1400m 良
12.2 - 10.7 - 10.9 - 11.1 - 11.2 - 11.8 - 12.8  1.20.7
9着 ダノンシャーク ⑧⑥⑤
11着 カレンブラックヒル ⑦⑧⑧
ハイペース。9着ダノンシャーク、11着カレンブラックヒル共に見せ場無く終わった。


中山記念(GⅡ) 中山 芝1800m 稍重
13.0 - 12.2 - 12.1 - 12.2 - 11.6 - 11.8 - 12.3 - 12.1 - 12.5  1.49.8
1着 ジャスタウェイ ④④④③
7着 サダムパテック ⑬⑬⑬⑪
スローペースの一戦。ジャスタウェイは好位のインを追走。直線も内ラチを半ば強引に抉じ開けて突き抜けた。2着馬(アルキメデス)に3ヶ2分の1馬身差を付けて圧勝したが、展開に恵まれていたし、走破時計も稍重馬場だったことを勘案しても大したことはないもの。


オーシャンステークス(GⅢ) 中山 芝1200m 良
12.0 - 10.9 - 11.0 - 11.6 - 11.5 - 11.9  1.08.9
3着 レッドスパーダ ③③③
8着 リアルインパクト ⑮⑮⑭
第44回高松宮記念考察をご参照下さい。


高松宮記念(GⅠ) 中京 芝1200m 不良
12.1 - 10.7 - 11.7 - 11.9 - 12.6 - 13.2  1.12.2
9着 リアルインパクト ⑦⑥
17着 レッドスパーダ ⑨⑨
ハイペース、不良馬場での一戦。9着リアルインパクト、17着レッドスパーダ共に見せ場無く終わった。レース後の騎手コメントでは共にノメッて走っていたとのことで、馬場が多分に影響したのだろう。


大阪杯(GⅡ) 阪神 芝2000m 良
12.8 - 11.3 - 12.5 - 12.0 - 11.9 - 11.8 - 11.7 - 11.5 - 12.4 - 12.4  2.00.3
5着 ショウナンマイティ ④④④④
スローペースだったが、前3頭が後続を引き離した為、4番手のショウナンマイティにとってはハナを切っている状態となった。ただ、直線ではジリジリとしか伸びず、見せ場は無かった。


ダービー卿チャレンジトロフィー(GⅢ) 中山 芝1600m 稍重
12.6 - 10.9 - 11.3 - 11.3 - 11.8 - 12.1 - 12.1 - 12.5  1.34.6
1着 カレンブラックヒル ①①②④
ハイペースの一戦。カレンブラックヒルはスタート良くハナを切ったが、3コーナーで一旦は他馬にハナを譲る展開。直線に入って内から抜け出し混戦を制した。ハンデ(57.5kg)と展開を考えれば、強い競馬をしている。


マイラーズカップ(GⅡ) 京都 芝1600m 良
12.5 - 11.0 - 11.4 - 11.7 - 11.2 - 11.4 - 10.9 - 11.3  1.31.4
1着 ワールドエース ⑤④④
2着 フィエロ ⑦⑥⑤
3着 エキストラエンド ⑧⑧⑦
超スローペース。1着ワールドエース、2着フィエロ、3着エキストラエンドの上がり3ハロンのタイムは3頭とも33.2秒。道中の位置取りの差がそのまま着順の違いとなった。3頭とも特に強い競馬を見せた訳ではない。


NHKマイルカップ(GⅠ) 東京 芝1600m 良
12.0 - 11.0 - 11.6 - 12.0 - 11.8 - 11.3 - 11.5 - 12.0  1.33.2
1着 ミッキーアイル ①①①
スローペースの一戦。ミッキーアイルは楽に逃げさせてもらい、展開に恵まれた上での優勝。2着馬(タガノブルグ)にはクビ差まで迫られており、距離は1600mがギリギリの印象。


都大路ステークス(オープン) 京都 芝1800m 良
12.3 - 10.5 - 11.1 - 11.8 - 11.9 - 11.9 - 11.8 - 11.2 - 11.4  1.43.9
1着 グランデッツァ ②②②
ハイペースに近いミドルペース。逃げた馬が後続を引き離した為、2番手以下の馬にとっては完全なミドルペースだったと思う。グランデッツァは直線でバテた馬を早々と交わすと後は後続を引き離す一方の独走。そのままゴールして、2着馬(ディサイファ)に5馬身差を付けて圧勝した。ラップタイムも見ても最後まで脚が鈍っておらず、見た目通り強い競馬をしている。走破時計はJRAレコードのおまけ付きだった。


京王杯スプリングカップ(GⅡ) 東京 芝1400m 良
12.6 - 10.5 - 10.6 - 11.0 - 11.3 - 11.4 - 12.3  1.19.7
1着 レッドスパーダ ②②②
2着 クラレント ③④④
7ハロン戦としてはハイペースに近いミドルペース。1着レッドスパーダ、2着クラレント共に好位からの競馬。ラストのラップタイムを見れば、両馬共に距離が伸びて良いとは言えない。


ヴィクトリアマイル(GⅠ) 東京 芝1600m 良
12.4 - 10.7 - 11.6 - 11.5 - 11.8 - 11.4 - 11.2 - 11.7  1.32.3
4着 ホエールキャプチャ ⑥⑤⑤
スローペース。ホエールキャプチャは好位からの競馬。直線では追い出しを待つ余裕があったが、いざ追い出されると勢いは長続きしなかった。
23 : 47 : 37 | 考察 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

第81回東京優駿 予想

皐月賞で強い競馬を見せたワンアンドオンリーとイスラボニータをまずピックアップ。3・4番手に青葉賞を強い内容で勝ったショウナンラグーンとプリンシパルステークスを強い内容で勝ったベルキャニオンを挙げたい。最後に今回も展開に恵まれそうな皐月賞2着馬のトゥザワールドを加えておく。


今回の勝負
2番 ワンアンドオンリー
5番 トゥザワールド
6番 ショウナンラグーン
10番 ベルキャニオン
13番 イスラボニータ
  の5頭ワイドBOX 各500円
  計5,000円
15 : 01 : 03 | 予想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |

プロフィール

高遠原孝政

Author:高遠原孝政
 ワイドは何気に美味しい馬券です。
 一気に大儲けできない反面、2着・3着でも的中になることを利用して、そこそこの配当を得ることが可能です。
 このブログでは、GⅠをワイドBOXで勝負し、ワイド馬券でも充分儲けられることを証明します。
 …………。
 いや、したいんだけどね……。

高遠原孝政 過去の栄光

2007年皐月賞的中馬券
2007年皐月賞
ワイド万馬券的中!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

概観 (28)
考察 (108)
予想 (175)
結果 (95)
祝勝会 (12)
残念会 (14)
反省会 (33)
重賞回顧 (2)
納会 (5)
ご挨拶 (6)
未分類 (3)

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター

読者分布


ジオターゲティング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。