FC2ブログ

第23回秋華賞 予想

 桜花賞とオークスの上位3頭が同じ面子なら秋華賞もその3頭でいいだろうと思っていたら、リリーノーブルが出走を回避してしまった。
 となると、アーモンドアイ、ラッキーライラックに次ぐ3頭目を探さなければならない。
 春からの巻き返しを目論む馬か、夏に力を付けた上がり馬か。いずれにせよ、2頭を負かせそうな馬は居なさそうだ。
 本命はアーモンドアイ。ぶっつけ本番でも問題無いだろう。三冠達成の可能性は高い。
 対抗はラッキーライラック。秋初戦として予定していたローズステークスを回避せざるを得なかったのは誤算だろうが、それでもアーモンドアイ以外の他馬とは力が違うだろう。
 単穴はトーセンブレス。アーモンドアイを負かせるとは思っていないので、単なる3番手という評価。それでも桜花賞4着の成績は伊達ではない。オークス出走取消、ローズステークス15着の記録は気にしない。
 連下筆頭はサラキア。こちらはチューリップ賞4着を評価したい。また、前々走の青島特別が強い勝ち方だった。500万下の一戦だったとはいえ、次走のローズステークス2着が示す通り、春より力を付けているのは間違いない。
 連下はラテュロス。先行したい馬が多いメンバー構成なので、大穴は差し・追込馬から選びたかった。ローズステークス3着の本馬に白羽の矢を立てる。最内枠だが上手く馬群を捌いて欲しい。人気薄での重賞制覇が多い秋山騎手の手腕に期待したい。

 今回の勝負
  1番 ラテュロス
  5番 サラキア
  7番 ラッキーライラック
  8番 トーセンブレス
  11番 アーモンドアイ
 5頭ワイドBOX 
スポンサーサイト
06 : 45 : 36 | 予想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

第97回凱旋門賞 結果

 今回の勝負の結果
  10番 エネイブル 1着
  14番 スタディオブマン 9着
  16番 ハンティングホーン 16着
  17番 ネルソン 8着
  18番 マジカル 10着
 回収率0%

 期待通りエネイブルが連覇達成も、相手に選んだ4頭は悉く馬群に沈んだ。
 元より大穴を狙った馬達だったので、こうなる可能性の方が高かった。
 残念だが、特に後悔はしていない。
 直線の攻防緒戦でネルソンが「もしかしたら」と期待を抱かせてくれただけでも充分だ。
22 : 42 : 15 | 結果 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

第97回凱旋門賞 予想

 日本でも1番人気に支持されているエネイブルの連覇に期待したい。
 久々の一戦となった前走も問題無く圧勝しており、去年と同じパフォーマンスを見せてくれる筈だ。
 2番人気が日本馬のクリンチャーとなっているが、流石に贔屓に過ぎるだろう。とはいえ、他の上位人気馬も個人的にはあまり信頼できないと感じている。
 思い切ってヒモは大荒れを期待しよう。
 本命はエネイブル。良い枠が当たり、運も味方している。
 以下、連下候補として4頭をピックアップしたい。
 まずは展開向きそうなスタディオブマン。この馬はディープインパクト産駒でもあり、凱旋門賞は父親の無念を晴らす為の一戦ともなる。
 あとは、エイダイ・オブライエン厩舎の底力に期待して、人気薄の3歳勢3頭ハンティングホーン、ネルソン、マジカルをピックアップしておきたい。それぞれ、15番人気、17番人気、14番人気と超人気薄だけにエネイブルとの組合せでも高配当となる。
 ※人気は7日18時現在

 今回の勝負
  10番 エネイブル
  14番 スタディオブマン
  16番 ハンティングホーン
  17番 ネルソン
  18番 マジカル
 5頭ワイドBOX 
18 : 07 : 21 | 予想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

第52回スプリンターズステークス 結果

 今回の勝負の結果
  5番 アレスバローズ 14着
  8番 ファインニードル 1着
  9番 ラブカンプー 2着
  12番 ナックビーナス 7着
  15番 ムーンクエイク 13着
 回収率134.0%

 稍重馬場で行われた一戦は、前半33.0秒、後半35.3秒というハイペースとなった。
 ワンスインナムーンが逃げ、ラブカンプー、ナックビーナスが2、3番手で追走という展開は自分の想定通り。ワンスインナムーンが予想以上に頑張っていたが、ラブカンプーが混戦から抜け出したところを春のスプリント王者ファインニードルが差し切った。
 馬券は1点のみの的中だったが、ラブカンプーが11番人気だった為、また、3着馬も人気薄だったのも手伝って、回収率は100%を越えた。
 ファインニードルは春のスプリント王の称号に続いての戴冠となった。現時点でスプリント界で文句無しの王者となったが、個人的には絶対的王者とは思っていない。覇権は長くは続かないのではないだろうか。
 ラブカンプーはハイペースになれば好走すると予想していた通りの走りをしてくれた。ただ、この一戦をもってこの馬は強いと決め付けるのは早計だ。仮にこの後京阪杯に出走して来たとしてもあっさり負けるだろうと思う。
 ナックビーナスの7着という結果は致し方ない。展開が向かなかった。
 ムーンクエイクは流石に狙い過ぎた感があり、凡走も受け入れる他はない。
 残念だったのはアレスバローズ。3着に来たラインスピリットの競馬を本馬に期待していたのだが、藤岡佑介騎手が外を回す選択をして万事休した。
22 : 03 : 25 | 結果 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑

第52回スプリンターズステークス 予想

 昨年までスプリント戦線で活躍した旧勢力を新たな勢力が駆逐する世代交代を告げる一戦になるだろう。
 ハナに行きたい馬が3頭いるが、ラブカンプーとナックビーナスは抑えるだろう。前半はワンスインナムーンがリードするが、前記2頭が4コーナー手前で襲い掛かって、直線はこの2頭を追う展開となりそう。
 本命はアレスバローズ。北九州記念と同じ様な競馬ができそうで、願ってもない展開に恵まれそうだ。
 対抗はファインニードル。前哨戦のセントウルステークスが強い勝ち方で、春のスプリント王者は伊達ではない。
 単穴はラブカンプー。ワンスインナムーンが作るペースにもよるが、速くなれば、斤量軽いこの馬の台頭も可能。
 連下筆頭はナックビーナス。鞍上込みでの期待だが、こちらはラブカンプーとは逆に緩いペースになれば出番があるだろう。
 連下はムーンクエイク。馬場を考慮すれば、7ハロン以上で良績があり、外枠の差し馬であるこの馬にもチャンスはある。

 今回の勝負
  5番 アレスバローズ
  8番 ファインニードル
  9番 ラブカンプー
  12番 ナックビーナス
  15番 ムーンクエイク
 5頭ワイドBOX
15 : 06 : 42 | 予想 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム | 次ページ

プロフィール

高遠原孝政

Author:高遠原孝政
 ワイドは何気に美味しい馬券です。
 一気に大儲けできない反面、2着・3着でも的中になることを利用して、そこそこの配当を得ることが可能です。
 このブログでは、GⅠをワイドBOXで勝負し、ワイド馬券でも充分儲けられることを証明します。
 …………。
 いや、したいんだけどね……。

ワイド万馬券的中履歴

2017年レパードステークス(GⅢ)

2017年レパードステークス万馬券



2007年皐月賞(GⅠ)

2007年皐月賞万馬券

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

概観 (28)
考察 (108)
予想 (198)
結果 (113)
祝勝会 (12)
残念会 (14)
反省会 (33)
重賞回顧 (3)
納会 (5)
ご挨拶 (6)
未分類 (4)

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSリンクの表示

人気ブログランキング

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

FC2カウンター

読者分布


ジオターゲティング

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード